So-net無料ブログ作成
お役立ち ブログトップ

ハワイ旅行準備編 デルタ航空のwebチェックインの方法について [お役立ち]

今年も11月の下旬に入り、いよいよ年末もすぐそこまでに近づいてきました。年末年始、ハワイ旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか。
そこで、最近私のブログで検索が多くなっている、デルタ航空のwebチェックインについて、詳しく方法を書いておこうかと思います。

そもそも、デルタ航空のwebチェックインとはどのようなものかというと、チケットの手配が済んだ上で、搭乗の24時間前からweb上で氏名等を入力し、座席を指定してチェックインし、当日の搭乗券をあらかじめ印刷して持参することで、空港で搭乗券発行の長い列に並ぶことなく、搭乗手続きが行える、という仕組みです。これが実際とても便利で、行きの成田でも、特にデルタ航空のカウンター付近に行ったら中国人の団体だけでチケット発行からの列に3、40人の行列を作っていました。やばいなあ、と思っていたら、webチェックインをしていたおかげ(webチェックインした搭乗券をスタッフにみせたら、専用カウンターへ案内してもらえました)で、専用の列に並んで3、4人待っただけですんなり手荷物を預けて搭乗手続きを終えることができました。

さらに、帰りのホノルル空港では、さらにながーい行列ができていて、1時間近く待たされるかなあ、と思ったら、webチェックインをしている方用の並ぶ場所があり、列を抜け出して並ぶとほぼ待つことなくあっという間に搭乗手続きを終えることができました。これは、事前調査が不足していたこともあるのですが、気がついていなければ相当の時間ロスをくっていたはずです。
特にホノルル空港はアメリカ国内ということもあり、搭乗手続き後のセキュリティーチェックにさらに1時間近く待たされることもあります。なので、webチェックインが非常に助かりました。

ちなみに行きは自宅のパソコンで、帰りはワイキキパークホテルのパソコンルームで印刷をさせてもらいました。ワイキキパークホテルにプリンターがあって本当に助かりました!

空港でもセルフチェックイン機があるので、空港についてからも可能なのですが、大体の場合、時間に追われていることも多いですし、普段使わない機械なので操作もすぐにわからないし、スタッフさんも常に空いているとは限らないし、ということで、お家でゆっくり調べながら印刷するのが安全で楽です。

では、ようやくですが方法を書いていきます。デルタのホームページで行うのですが、元が英語のため、日本語翻訳がイマイチ伝わりきらないところもあり、初めてwebチェックインした時に1時間以上かかったので、簡単に解説したいと思います。ちなみに、スマホよりパソコンのほうが入力がスムーズにいきます。スマホでもpcサイト用にしたほうがいいです。
また、座席指定まではwebチェックインまでにあらかじめしておくことが可能です。ただし、旅行会社によっては、会社の方で色々いじっているので、日によって並び席のまま席が変わっている場合もあります。

1.ホームページの「旅程」を選択
2.名前とチケットの番号(JTBなどツアーで申し込んだ場合、番号がしおり等にかいてあります)、もしくはスカイマイルのIDを入力
3.名前と連絡先など、必要事項を同乗者の分まで入力
ここまでくるとどこからどこの何時の便、みたいなのが表示されます。それがメニューに「旅程」と書かれている理由だとようやく気がつきます笑
4.座席を指定。このとき追加料金でクラスを変更することもできます。席が空いていれば、確定後あっても変更可能です。
5.さらに進むと確定。印刷をしたい場合は、選択をすると、印刷画面がでてきます!でてくるeチケットには、搭乗者名と、QRコードが印字されています。

これにておしまいなんですが、最大の難関は、1.の旅程から進むということを理解するのに相当時間がかかりました。
そしてもう1つ問題があり、スマホでうつと、入力したあと切り替わるはずの画面でとまってしまいなかなか進まない、という事象が発生します。(ちなみにそのときはiPhone4S)たぶん、画面が小さいからだと思いますが、パソコンでやったほうがスムーズでした。入力して確定するときに、読み込みに少し時間がかかる場合もありますが気にする必要はありません。
また、印刷した後でも、席が空いていれば席を替えて再度印刷も可能です。古いものは使えなくなりますから、間違えないように気をつけてください。

ちなみにちなみに、デルタ航空では、スマホの画面にQRコードをだせる、eチケットも可能らしいです。

ここまで書いたので、最後にマイルのため方について1つ。
デルタ航空のマイルはスカイマイルと呼ばれるもので、事後登録も可能です。
搭乗してから1ヶ月以内に登録してください。ただ、搭乗してからすぐにはデータが反映されていないので、一週間くらい経ってから、webページから登録してください。登録が完了してもそこから反映にまた少し時間はかかりますが、登録缶メールが届きますからご安心を。
また、スカイマイルは有効期限がないそうです。なのでマイル特典を狙っている人にとっては激戦のようですが、気長に使う人にとってはいいのかな、と思います。ましてハワイ旅行で使えば往復だけで相当のマイルが貯まりますからね笑

ということで、今回はデルタ航空のwebチェックインについて書いてみました。
お読みいただきありがとうございました!




スポンサードリンク









当サイトの人気記事です!

・ビーチフォト前編

・ビーチフォト中編

・ビーチフォト完結編

・いきなりのハワイの洗礼 201410初めてのハワイ旅行1日目その2 This one!事件

・ハワイ旅行 番外編 英会話について1 英語を話す際に注意したほうがいいこと

・朝食! 2015ハワイ旅行2日目① ワイキキパークホテルの朝食バイキング!

・アラモアナのジャックインザボックスで昼食! 201410初めてのハワイ旅行 2日目その3 ファストフード店の注文に苦戦…

・エッグスンシングスのもう一つの楽しみ方。 201508ハワイ旅行4日目②お土産購入(自分たち用)

・いきなりのハワイの洗礼 201410初めてのハワイ旅行1日目その2 This one!事件

・またもや事件発生。 201508ハワイ旅行4日目③ 高橋果実店!

・アラモアナショッピングセンター!201508ハワイ旅行3日目④ショッピングその3 &軽食

・機内対策の不足 201410初めてのハワイ旅行3 離陸!

・201508ハワイ旅行 最終日 最終回 Wi-Fiと機内食

・201508ハワイ旅行 番外編7 ハワイで買ったお土産part3&買いたかったもの

・バスソルト事件後編

・そして着陸へ 201410初めてのハワイ旅行4 ハワイ初上陸


ランキング参加しています!もしよろしければクリックお願いいたします!
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
ハワイにはまった女子っぽい男のブログ

nice!(44)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

お気をつけを!自宅で熱中症にかかりかけました [お役立ち]

昨晩、就寝しようとしていたら、急に吐き気と下痢が。
トイレからでて、ふとんに戻ろうとしたら、手足が痺れはじめました。おかしいおかしいと思ってるうちに、動けなくなり痺れもひどくなりました。喉が猛烈かわくので妻に水を持ってきてもらって飲もうとするのですが、少ししか受け付けなくなりました。そのうち全身がしびれ、さっきまで汗をびっしょりかいていたはずが、うそのように乾燥していきました。
妻が色々しらべ、塩分が足りないのでは?と、私が会社でたまたまもらってきた熱中症対策用の塩飴を舐めさせてくれました。すると、少しずつ痺れが取れはじめ楽になり、あわせて少しずつ水をとっていると、痺れもそのうちなくなりました。自覚症状があってから、痺れがとれるまで30分から40分くらいの時間でした。
妻には感謝の言葉以外ありません。本当に助かりました。
原因は、水ばかりのみ、体内の塩分をはじめとする電解質のバランスが崩れたことのようです。みずをのみ、電解質の濃度が低くなったため、体が濃度を戻そうと、汗でなく吐いたり下痢で水分をだそうとし、脱水症状がひどくなったようでした。
この時には、スポーツドリンクや今回たまたま家にあった塩飴などを、すぐに補給することが大切のようです。夏の終わりに熱中症なんて、と人ごとのように思っていましたが、私も含めみなさん、特にお酒を飲まれる方、気をつけましょう。
また、ハワイでは、汗をかいてもすぐ乾くため脱水症状に気付きにくいなと感じましたし、海やプールで泳いでいても汗はかきますから、こちらも脱水症状に気付きにくいと感じます。常に水分補給はもちろん、塩分等の補給についても頭の隅にでも入れておいてほしいと思います。
タグ:健康 熱中症
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
お役立ち ブログトップ